2012年05月11日

【送料込みで\18,740〜】清流で育てられた、清らかな 恵那のこしひかり 岐阜県恵那産特別栽培米【米】 【コシヒカリ】【27kg】民田農場 減農薬 有機肥料米 地力の素 恵那のこしひかり 27kg (白米)【23年度新米】 【米】 【コシヒカリ】

【送料込みで\18,740〜】清流で育てられた、清らかな 恵那のこしひかり 岐阜県恵那産特別栽培米【米】 【コシヒカリ】【27kg】民田農場 減農薬 有機肥料米 地力の素 恵那のこしひかり 27kg (白米)【23年度新米】 【米】 【コシヒカリ】【送料込みで\18,740〜】清流で育てられた、清らかな 恵那のこしひかり 岐阜県恵那産特別栽培米【米】 【コシヒカリ】【27kg】民田農場 減農薬 有機肥料米 地力の素 恵那のこしひかり 27kg (白米)【23年度新米】 【米】 【コシヒカリ】
¥18,005円(税込)送料別 カード利用可

民田農場 岐阜県恵那産特別栽培米 減農薬 有機肥料米 地力の素 恵那のこしひかり。 輝くつやと、沸き立つ香りに感動。調和のとれた甘味と旨味が最高の自慢です。肥料は、地力の素(完全有機で、普通肥料登録)を使用。地力の素は、カニガラを大量に配合、完熟させています。※普通肥料は定期的な成分検査が義務付けられています。 その検査項目には厳しい有害物質含有率の規定があり、地力の素には規定を超える有害物質は含まれていません。特別栽培米の基準よりさらに厳しい基準で生産されています。●昼夜の寒暖の差が大きな恵那の地で、清流木曽川水系の源流水で育てられた、清らかなお米です。●種籾は、毎年地元恵那で検査合格した種を購入し、農場で自分達で苗から育て田に移植しています。●農薬は最低使用回数に止め、岐阜県の農業指導に即した取り組みを実施しています。●数ある田んぼの中より、厳選された場所で収穫したお米です。●秋には堆肥や米ぬかといった有機物を田にすきこみ、自然地力を上げる土作りをしています。●農場の立ち上げ当初より、収穫したお米は個別に乾燥調整を行い、他の米とは混ざらないしくみ、技術を確立しております。●販売出荷まで、お米を収穫した田ごとに個別に保管管理し、お客様のニーズにあわせた品質でご希望に答えられるようにしております。※玄米30kgを精米しますので27kg前後の重量になりますのでご了承ください。※同梱発送はできません。※玄米はこちらです。 初回出荷9/15予定です。●昼夜の寒暖の差が大きな恵那の地で、清流木曽川水系の源流水で育てられた、清らかなお米です。  (昼夜の温度差が大きい恵那地域は美味しい米を育みます。 ) ●数ある田んぼの中より、厳選された場所で収穫したお米です。 ●種籾は、毎年地元恵那で検査合格した種を購入し、農場で自分達で苗から育て田に移植しています。 (苗を自分達で作る農家は多くありません。ここから僕等のお米の安全管理がはじまってます。) ●農薬は最低使用回数に止め、岐阜県の農業指導に即した取り組みを実施しています。 (節減対象農薬は栽培期間中不使用ですので御安心下さい) ●地域に密着し、地元農家の皆さんとのコミュニケーションを図り、時代を先読みするような提案もさせていただいている ●秋には堆肥や米ぬかといった有機物を田にすきこみ、自然地力を上げる土作りをしています。 ●農場の立ち上げ当初より、収穫したお米は個別に乾燥調整を行い、他の米とは混ざらないしくみ、技術を確立しております。 (全てのことを自分達で徹底管理しているため、外部から他のお米が混じらない安全で美味しいお米です。) ●販売出荷まで、お米を収穫した田ごとに個別に保管管理し、お客様のニーズにあわせた品質でご希望に答えられるようにしております。 農薬を使っていなくても、近隣や上流の田畑から水や空気により農薬が入り込む可能性があります。 残念ながら現在どの地域でも、お米に関しては無農薬栽培は困難となってます。 民田農場も弱い除草剤を田植えのときに1度だけ使用していることは事実として報告いたします。 民田農場は安全を確認するために、岐阜県知事認定のクリーン農業制度にしたがい、毎年検査を行い申請しています。 毎回、基準値を大きく下回る結果を出し、お米からの残留農薬は一切検出されていないことが証明されています。 農産物が生産された地域の慣行レベル(農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培された農産物のことをいいます。 *民田農場のお米は節減対象農薬は栽培期間中不使用ですので御安心下さい* 玄米は、年間を通じて温度13.5〜15.0度/水分量15%(誤差0.5%)にて保存しています。 大切に保存したお米を生かすも殺すも精米と選別次第なのです。 精米とは玄米の皮を削り取り、白米にする作業のことです。 精米機が玄米の皮を削るので、摩擦熱でお米が高温になり、お米が乾燥して水分を失ってしまいます。 乾燥すると、お米がヒビ割れたり、割れ米になるので炊き上がりにムラができ、舌触りも悪くなり、一粒一粒の食感もよくありません。食味も落ちてしまいます。 民田農場はお米の乾燥を防ぐため、摩擦熱を発生させないよう、通常は1回の精米で終わらせるところを、「荒削り」と「仕上げ削り」の2回に分けています。精米を2回に分けることで、お米に熱の加わる時間を短くし、お米の乾燥を防いでいます。
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
posted by chyey at 10:00 | TrackBack(0) | ギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。