2012年02月18日

自宅で炭酸風呂(炭酸泉・ラムネ風呂)を楽しむ! コンパクト設計の炭酸泉装置 ★「世界一受けたい授業」でも話題になった炭酸風呂★【ポイント3倍】高濃度人工炭酸泉装置 三菱レイヨン・クリンスイ カーボセラ・スタンダード

自宅で炭酸風呂(炭酸泉・ラムネ風呂)を楽しむ! コンパクト設計の炭酸泉装置 ★「世界一受けたい授業」でも話題になった炭酸風呂★【ポイント3倍】高濃度人工炭酸泉装置 三菱レイヨン・クリンスイ カーボセラ・スタンダード自宅で炭酸風呂(炭酸泉・ラムネ風呂)を楽しむ! コンパクト設計の炭酸泉装置 ★「世界一受けたい授業」でも話題になった炭酸風呂★【ポイント3倍】高濃度人工炭酸泉装置 三菱レイヨン・クリンスイ カーボセラ・スタンダード
¥420,000円(税込)送料別 カード利用可

※本体の設置や、ガスおよびガスボンベ、ボンベスタンドなどにつきましては、弊社までお問い合せ下さい高濃度人工炭酸泉装置 カーボセラ・スタンダードの特長カーボセラ・スタンダードは、自宅で炭酸風呂(炭酸風呂・ラムネ風呂)を本格的に楽しむ事ができる、屋内設置型の炭酸泉装置です。本体は軽量コンパクトで、ポンプ、モーター類を使用しない静音設計。音も気になりません。また、カーボセラ・スタンダードは、天然にはない40℃前後の高濃度炭酸泉を実現させました。肌にやさしいpH値4.5〜5の弱酸性の湯が楽しめる高品質・低価格なモデルとなっています。日本では稀少な温泉「炭酸泉」をご家庭に炭酸泉とは、炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯のことで、お湯1リットルに炭酸ガスが0.25g(250ppm)以上溶けたものです。中でも、1g(1,000ppm)以上のものを高濃度炭酸泉といい、炭酸泉は、濃度が高ければ高いほどその効果を発揮するといわれています。炭酸泉は、ぬるめのお湯でも実際の温度より約2、3℃温かく感じるため、低い温度のお湯でゆっくりつかると良いでしょう。体の芯から温まり、湯上り後も体がポカポカ温かく、持続性が強いのが特徴です。また、炭酸泉は他の温泉には無い独自で明確な作用があることが医学的にも証明されています。ヨーロッパでは「心臓の湯」と呼ばれ、19世紀半ばから炭酸泉による入浴療法が盛んであり、レジャーや医療施設等、各方面において広く活用されています。炭酸泉に期待される効用炭酸泉に入浴すると、次のような効用が期待されています。皮膚から炭酸ガスが吸収され血液中の炭酸ガス濃度が上がると、体は酸素不足と判断して酸素を供給するために血流量を増やします。血液は、酸素だけでなく栄養も運びますので、血液の流れが良くなることは私たちの体にとって、とても良いことです。炭酸泉に手を浸けると暫くして炭酸ガスの細かな泡に包まれ、2〜3分後には浸けた部分が赤くなり、外に出ている部分とはっきり境界線ができる。温感は実温度の+2℃程度。炭酸ガスの安全性高濃度炭酸泉は1,000ppmですが、普段口にするコーラ、サイダーなど炭酸飲料の濃度は3,000ppm〜4,000ppmもあります。また、人や動物は酸素を吸って炭酸ガス(二酸化炭素)を吐きながら活動しています。皮膚から吸収された炭酸ガスは血流により肺に運ばれ、呼吸によって吐き出されます。炭酸温浴による炭酸ガスの吸収量は、安静時、代謝により産出される炭酸ガスの4分の1程度なので、問題ありません。※効用につきましては、個人差があります。※本体の設置は、お近くの工務店(水回り関係)にご依頼されるか、弊社までお問い合せ下さい(自立式スタンドもあります)。※炭酸ガスボンベは付属していません。ガスおよびガスボンベ、ボンベスタンドにつきましては、弊社までお問い合せ下さい。 品番 SPA2001 外形寸法・質量 幅230mm x 高さ400mm x 奥行き145mm / 約10kg 本体設置場所 屋内(及び屋外) 電源・消費電力 100V・50W、50 / 60Hz 形式 MRP-SB201 接続口 温水入口:15A、炭酸泉出口:15A、ガス入口:8A 製造能力 約8L / 分 (給湯圧力 0.1MPa、湯温40°Cのとき) 炭酸ガス濃度 約1,000ppm (湯温 40°Cのとき、ノズル出口での測定) 安全機構 給水異常・ガス圧力異常 炭酸ガスボンベの交換 約2週間に1度 (5kg入りボンベ使用時 ※5kg以上もあります。) 付属品 リモコン・ドレンポット・取扱説明書・据付説明書・保証書・警告シール メーカー 三菱レイヨン・クリンスイ 広告文責 株式会社ザイオンメディアオフィス
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
posted by chyey at 11:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。